育ちすぎた観葉植物

我が家の観葉植物の中で1番大きいものはもう少しで天井まで届きます。この観葉植物とは近所の100円ショップで出会い当時手のひらサイズでした。小さくて可愛くて側に置きたいと思ったんですね。 育て方によってはすぐダメになってしまうと思いながらも毎日様子を気にして水をあげていたらどんどん元気になって、あっという間に購入時の容器からはみ出るようになって・・・。一回り大きな鉢に移し替えてまた毎日様子を見ていたらこれまたすくすく伸びて葉っぱも青々。 しっかり根っこが張って葉が日に日に大きくなって。そのうちまた植え替えが必要になり、私はホームセンターでこれならしばらく植え替える必要はないだろうと思うような大きな鉢を買いました。 その鉢に移したのですが鉢が大きくて置く場所に困ったんですね・・・。それまではリビングルームの隅へ置いていたのですが葉が茂りすぎて置けなくなってしまって。あちこち場所を変えたり向きを変えたりして今は娘の部屋に落ち着きました。 ぐんぐん成長しもう少しで天井に付きます。天井に付いてしまったら今度はどうしたらいいか見当も付きません。出会ったときは小さな容器に入った弱々しい植物だったのに今では立派な木のようになって・・・。こんなに立派に育ってくれて嬉しいんだけどこれからどうしたらいいか。 植物って上に伸びるから天井に付いてしまってもさらに上に伸びようとしますよね?そうなると天井に付いたところから横に向かって茂っていくわけで・・・。これではせっかくの観葉植物が台無しです。 我が家は集合住宅のため庭がありません。庭があれば庭に植え替えられるけどそれも出来ないとなるとそれこそベランダに出すしかありません。寒さに弱い植物だから真冬は乗り越えられないし、それを分かっていてベランダに出すことも出来ないし・・・。 観葉植物を買うときはどこまで大きく育つのか調べた方が良いです。ちゃんと調べて大きくなっても育てられる植物じゃないと大変だから。あんな貧弱な植物がこんな風に大きくなるとは夢にも思っておらず悩んでいます。大きくなってくれて悩むなんて複雑な心境ですが。 今は娘の部屋の一角を占領していますが部屋に入ると不思議と心が落ち着きます。大きくて多少圧迫感を感じるけれど植物が持つきれいなエネルギーを感じるんですね。カラダや心が疲れているとき気力が足りていないとき葉に少しだけ触れるとちょっぴりラクになるのです。