私の愛車 アクアの魅力

アクアという名のコンパクトカーをご存知でしょうか。トヨタ自動車が製造しているクルマであり、1年間で最も売れた登録車であったこともあります。街中で走っているところを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。私の愛車、アクアの魅力を徹底的に語ろうと思います。 まずアクアの魅力的なところは先進的なハイブリッドシステムを採用していることです。ハイブリッドカーとは、エンジンとモーターの力を組み合わせて走るクルマのことを言います。トヨタが1997年に発売したプリウスで初めて採用された技術です。それから約20年以上、改良に改良が重ねられてきました。アクアにもこのハイブリッド技術が詰め込まれています。 具体的には、発進時や定速で走行する時にはエンジンはかからず、モーターの力だけで走ることができます。電気は、後部座席の下に収められているバッテリーから供給されています。モーターだけで走っている時は本当に静かで、魔法の絨毯の上にスーッと乗っているような、そんな感覚になります。減速するときには、運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、電気を貯めることができます。また急加速時にはエンジンとモーターのダブルパワーでとても力強いです。 停車中、エンジンはストップしています。通常のクルマであれば、エンジンが止まると、エアコンも効かなくなってしまいますよね。しかし、アクアはそうではありません。電動コンプレッサーを使ったエアコンを採用しているので、大きなバッテリーに蓄えた電気を使ってしばらくの間エンジンをかけることなくエアコンを効かせることができます。渋滞にはまっても、燃費の落ち込みは小さく、素晴らしいです。 このハイブリッド技術のおかげで燃費はすこぶる良いです。郊外路であれば、リッターあたり30kmほど走ってくれます。高速道路ではモーターはあまり介入してきませんが、それでもリッター26kmほど走ってくれます。車高の低さによる空気抵抗の小ささが効いているのだと思います。平均的な燃費も満タン法で23kmほどと十分満足です。ガソリンタンクは約36Lなので、ワンタンクで700kmは走ることができる計算になります。 バッテリーを搭載していることのメリットは他にもあります。重いバッテリーを低い位置に搭載しているので、重心高が低くなり、カーブなどでの走りは案外楽しいです。また、乗り心地も結構良いです。小さいクルマなので取り回しもよく、素晴らしいクルマとの一言に尽きます。