健康管理は自分自身で

長く生きているといろんな事が見えてくるからおもしろいですよね。昨日まで気づかなかったことにふと気づけたり、若い頃とはもののとらえ方がまったく違ってきたりして、年を取ることも悪くないかも・・・と思えてきました。 みんな平等に年を取るんだから年を取ることを悲観するばかりではいけないんですよね。自分だけが古くなっているわけではないんだから・・・。死んだらまた生まれ変わりそしてまた長い人生を生きることになる。みんな同じなんだから年齢はただの数字だと捉えています。 体の衰えはアラフィフともなるとそれなりにありますよ。最近は血管年齢をこまめに測定しています。先日測定してみたら年齢よりも6歳も若いという結果が出て嬉しかったですよ。血管って肌から透けているところや盛り上がっているところがあるから気になっちゃいます。最近手の甲に太い血管が盛り上がってきたので見る度年齢を感じていたんです。 血管年齢ってあまり聞かないと思いますが機会があったら測定してみると良いですよ。専用の測定器が私が利用している調剤薬局にはあるので用事で立ち寄る度に測っています。 自分の年齢を打ち込み男性か女性かを選んで人差し指を測定器の中に入れるだけ。少し待つと血管年齢と点数が表示されます。かなり大きくはっきりと表示されるので他人に知られたくない場合は上手に隠しながら結果を見ましょう。 血管年齢を測定してから血圧も測ります。測定器が並んでいるのでだいたいどちらも測ります。私は血圧がとても低くて最高血圧が100いきません。ひどいときは最高血圧が80台。最低血圧は40台だったり50台だったり・・・。昔からひどい低血圧で朝が弱いのですが、ここまで低血圧だと心配になってしまいます。 幸いにもこれまで貧血で倒れたことがケガをしたことがないので良しとしています。かなりの低血圧ですが何十年もこんな調子のため体が上手く調整しているのでしょう。毎回自分の血圧結果を見てその低さに苦笑いです。 こうやってちょくちょく自分の体のことを気にしていれば大きな病気は早期発見できるような気がします。人間ドッグのような1日がかりの検査は未経験ですが体調がおかしいときは迷うことなく病院へ行き健康には気を遣っています。 とうとう人生100年時代に入りましたからね・・・。私は人生80年で充分なんですがこれから半分人生が残っていることを考えて健康や病気には気をつけていきたいと思います。